すぐに事業資金を調達できたのはよかった

独立をすることになりいよいよ会社を立ち上げるというところまで来たのですが、事業資金の調達に苦労していました。

 

銀行で融資を受けようとしたのですが、最初に相談をした銀行では感触はよかったものの融資を受けることができずに、
それに加えて結構な時間を取られてしまったので、これが続くようでは何時までも事業を始めることができないと思ったのです。

 

最終的には銀行のお世話になることは間違いなくあるわけですが、気持ちが高ぶっている今すぐに事業を立ち上げたかったのと、
地合的にもチャンスだったのでとにかく事業資金を早く調達をすることができないだろうかと考えていました。

 

そこで、最終的に選んだのが学生向けのカードローンを利用する方法で、金利の高さには目をつぶって借りやすさを優先することにしたのです。

 

退職金が少し先に入ってくることはわかっていたので、当面の返済に関しては不安がなかったので、思い切って利用をしてみることにしたのです。

 

それでも最初の内は融資を受けることができなかったらどうしようかと思っていたのですが、
早い段階で融資を受けることができるのがわかり融資を受けることができ、事業をついに開始することができたのでよかったです。

すぐに事業資金を融資してもらいたかったので

事業を立ち上げようと思っていたのですが、問題は事業資金をどうするかということでした。

 

ある程度の事業資金は自前で調達できるものの、立ち上げには何かとお金がかかるので融資は必要不可欠でした。
銀行を利用するのが一番負担は少ないのですが、時間がかかりそうなのがネックでしたからカードローンを利用することにしました。

 

事業を立ち上げる時のことを考えて、サラリーマンをしているうちからカードローンの契約を済ませていたので、
融資自体はすぐに受けることができる状態にしていたのです。

 

 

このような利用法がありかどうかは別として、返済計画はしっかりと立てており融資を受けたお金だけは、金利を考慮しても返済できる余裕はありました。

 

後は事業を立ち上げた後に銀行から借り換えることさえできれば、
更に金利の負担が減るわけですから銀行を利用するのは、それからでも構わないと考えたのです。

 

そして、カードローンを利用してお金を調達することで早めに事業資金を手にすることができ、いい時期に事業を始めることができたので、
最初からスムーズに経営を軌道に乗せることができその後借り換えもうまくすることができたので、万事上手くいってよかったと思います。

事業資金を調達するのに役立った

事業を始めようと思っても銀行がなかなか融資を決めてくれなくて、事業が開始できなくて悩んだことがある人も多いのではないでしょうか。

 

既に準備が整っていて、あとは事業資金があればという段階で足止めを食らってしまうのは、本当に落ち着かないものです。

 

今の時代だと銀行もリスクを嫌って、簡単にお金を貸してはくれないものですが、
融資を受けられなくてもかなりの時間を取られてしまうこともあるのでこれは結構痛いですよね。

 

このような話を聞いていただけに、金利は魅力でしたが時期が重要な事業だったので、事業資金の調達にはカードローンを利用することにしました。

 

大きい額といえば大きい額ですし、事業にあてるお金としてはそれほど高額というわけでもありませんでしたから、
それならすぐに借りることができそうなカードローンが早いかなと思ったのです。

 

その予想通り、すぐに融資を受けることができたので良いタイミングで事業を始めることができ、助かりました。

 

金利の負担は多少大きいかなとも思ったのですが、機会を逃さなかったことを考えれば十分に払う価値があるものだったので、
借りやすさを重視してカードローンを利用したのは好判断だったと思っています。